無くてはならない物


by hamasan47
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

自己流炭化焼成

2点内側に釉をかけただけで後は素焼きもせずに 爆発したら 火吹いたら 窯が真っ黒になったら・・・・どーしよう・・・・・と思いながら 付きっ切りで見守りました。 800℃過ぎてからは 灯油の力と炭の力で温度が上がったのか本焼き時の半分の灯油代で済みました。時間も8時間程度で1265まで上がりました。いつもは1280度までもって行きますが 炭の力で温度が下がらなかったらどうしようとか弱きになってしまいココで消しました。火をつける前のPHOTOを撮るの忘れてしまいました。ごめんなさい。    

e0031202_2221749.jpg

家にある支柱をあるだけ使って塞ぎました↑。

e0031202_22222384.jpg

3段ありますがまずは一番上です。右にバーナーがあります。温度はここの段を計っていました。↑

e0031202_22244456.jpg

炭は灰になってしまっていますがいくらか炭が残っていて箸を使って取り水の中にいったん作品を入れました。↑

e0031202_22272684.jpg

灰は動かしていません。所々釉になっています。↑

e0031202_22285212.jpg

2段目のバーナーに一番近いところは完全に灰が釉になり下に付いてます。↑


e0031202_22303747.jpg


一番下の段ですが 右は市販の鞘です。炭の感じがまったく違いました。
隙間には炭化にならないのを覚悟して置きました。↑

e0031202_22322855.jpg



炭は再生可能です(右のみ)
作品は黒っぽく これが本当の炭化なんだと思います。↑

e0031202_22343272.jpg

道祖神 お地蔵様 なかなか良い感じにできました↑。



☆★☆人気blogランキングへ☆★☆私も登録してみましたヨロシクお願いいたします。
[PR]
by hamasan47 | 2007-07-09 22:45 | 陶芸